【日本三大美肌の湯 嬉野温泉】佐賀県の温泉の名所・嬉野!嬉野温泉とセットで嬉野観光へ!嬉野観光おすすめスポット

嬉野観光

“日本三大美肌の湯”として知られる佐賀県嬉野市『嬉野温泉』は北九州屈指の温泉街で、『肥前風土記』に登場し、古来から名湯として親しまれ、“温泉湯豆腐の発祥の地”としても知られています。
そこで、嬉野に来た時におすすめの観光スポットをご紹介!

 



【シーボルトの足湯】シーボルトが訪れた名湯温泉街ならではの足湯

嬉野市嬉野町のメインストリート沿いにある嬉野温泉中心地にある『シーボルトの足湯』。旧長崎街道沿いにあり、観光客や地元民の語らいのばとなっています。観光の途中で休憩がてら立ち寄るのがおすすめ。一度足をつけると肌はスベスベ、ほかほかで血行促進し、肩こりや足のむくみに効果があるそうです。

 



【嬉野温泉公園】足湯とセットで嬉野のおすすめ散策コース

嬉野川沿いにあり、シーボルトの湯の傍にある『嬉野温泉公園』。嬉野川に架かる朱色の橋が風情をより引き立てていて、春には桜も楽しめます。嬉野市街にある足湯に浸かりながら嬉野温泉公園への散歩コースにも最適です。

 



【豊玉姫神社】神話に出てくる美肌の神様『なまず様』が祭られてる神社

日本最古の歴史書『古事記』に記されている、海神・ワタツミの娘で昔話の乙姫様のモデルとなってる豊玉姫。その豊玉姫の遣いである『なまず様』は”肌の病”を治し、また豊玉姫の肌が綺麗だった事で、美肌の神様としてこの『豊玉姫神社』に祭られています。

 



【太寧山瑞光寺】江戸時代、長崎街道を通る大名が宿泊した本陣

嬉野の温泉街からほど近い場所にあり、容易に観光する事が出来る『太寧山瑞光寺』。創設は応安年間(約620年前)で、敷地約3千坪の広い境内と由緒ある古い歴史を持つ寺院です。瑞光寺の本尊には、運慶作とされている、木造の『薬師如来像』が祭られています(非公開)。

 



【立岩展望台】昼は嬉野市街を一望・夜は夜景を楽しめるデートスポット

嬉野温泉街から南東の方角に見た山頂にある『立岩展望台』。海抜345mの展望台の上から嬉野温泉街を一望でき、よく晴れた日には、鹿嶋市方面や太良岳方面、有明海、長崎方面とパノラマビューで見ることが出来ます。

 



【轟の滝公園】平地にあり雷の如く高さ11mから落ちる轟の滝

嬉野温泉街から1km程長崎方面へ行った所にあるのが『轟の滝公園』。塩田川と岩屋河内川(いわやかわちがわ)の合流付近にあり、平地にありながら高さ11mから3段に落ちる滝を形成しています。水が流れ落ちる音が”雷の音”mに似ている事から『轟の滝』と呼ばれるようになりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました